カテゴリ:英語あたふた(English)( 26 )


2005年 12月 16日

How to use "aphrodisiac"

昨日覚えた英単語。

アフロディージアック。


An English word I learned yesterday is…

“Aphrodisiac”

つ、使う機会がない・・・。

It's very difficult to find an opportunity to use the word.

But...
[PR]

by goodragon | 2005-12-16 08:39 | 英語あたふた(English)
2005年 12月 16日

Shoulder is shoulder

3日前、豚肩ロース肉を買いにカバード・マーケットへ。
おっとその前に。
「豚肩ロース肉」って英語でなんて言うんだろう?
肉屋の屈強なオヤジ(イメージ)の面前でまごまごするのもいやなので、
辞書で確認してみました。


When I was going to the Covered Market to buy pork,
a question came up.
I wondered what a certain part of pork was called.
It was annoying to go into trouble in front of tough guy clerk (my image).
So, I checked such a word by my dictionary.

More
[PR]

by goodragon | 2005-12-16 06:41 | 英語あたふた(English)
2005年 12月 03日

Translation

レベルはともかく、書くくせをつけようと、
恥ずかしげもなく英語の文章も載せているわけですが、


Apart from quality of sentences, to get used to writing,
I keep putting English on this blog shamelessly. But…

ついさっき。
見てはいけないものを見てしまいました。


Just now.
I found what I shouldn’t have found.

That is...
[PR]

by goodragon | 2005-12-03 08:30 | 英語あたふた(English)
2005年 11月 26日

Common phrase

今日の午後、ロンドンの日本大使館(領事館も併設)へ初めて行ってきました。
予想外にせせこましい玄関口でセキュリティチェックを受けて、
階段を上って、最初の受付に到着。


I visited Embassy of Japan for the first time this afternoon.
I went through security check in the hall which was rather small than I expected,
and then, climbed up steps and got to a reception.

旅券の申請に来たことを告げようとしたのですが・・・

I was going to ask to apply for new passport, but…

More
[PR]

by goodragon | 2005-11-26 08:53 | 英語あたふた(English)
2005年 11月 24日

Like what Japanese chavs is?

さて、皆さんからのお知恵を拝借。
今週土曜日に友人のバースデー・パーティーがあるのですが、
ちょっとした仮装もののパーティーなのです。
ええ、ハロウィンはとっくに終わってるんですけどね。


Well, could I have tips of your idea?
I have a birthday party of a friend of mine,
which will be sort of a costume party.
I know Halloween is ancient history.

昨日、彼からこんなメールが仲間たちに届きました。

Yesterday, he sent an e-mail to mates as follows.

d0031968_6171380.jpg


その彼です。

This is he.

久しぶりに、ネイティブ・ブリティッシュのメールで
英語のお勉強をしながら考えてみましょうか。


After a long interval, shall we think about it,
as studying English which is written by a native British?

More
[PR]

by goodragon | 2005-11-24 06:06 | 英語あたふた(English)
2005年 11月 19日

My efforts paid off.

今日はとても嬉しいことがありました。

I am very glad today.

数日前に盲目の人たちが撮っている写真のことを記事にしました。
"The Seeing with Photography Collective" というグループです。
(正確にいうと、視覚障害の人や、まったく見えない人のグループです)
なんとなんと、グループの中のお一人、
スティーブン・エラという方からコメントが!


You know, I wrote about a group of blind photographers before.
The name of the group is "The Seeing with Photography Collective ".
(Correctly, they are visually impaired, sighted and totally blind. )
What a surprising!
I got a comment from a member of the group, Steven Erra!

彼らのHPのアドレスなどを載せていたので、
きっとそれが偶然ヒットしたのだと思います。


Probably he searched the name of the group,
and came across my blog by chance.

インターネットの偉大さを感じました。

I admire the power of the internet.

それにしても、もし英語の文章を載せていなかったら、
きっとコメントはいただけなかったように思います。


If I don't write the article in English,
He wouldn't make a comment on my blog.

見ず知らずの外国の人からコメントを貰ったのは初めてです!
こんなつたない文章を読んでくれて、
コメントの送信方法も(日本語表記だから)よく分からないのに、
それでもトライしてくれたことにとても感激しました。


This is the first time I got a comment from a person
who isn't Japanese and whom I haven't met before.
Althogh it was a littel difficult to send a comment,
(because it is written in Japanese) He tried to do.
That impressed me very much.

英語で書いていてよかった・・・。

I think my efforts (to write in English) paid off.

ぜひ彼が立ち上げたweb siteへ行ってみて下さい。
そして作品の一部をご覧になってください。


You might want to visit his own web site.
And stare at some of his works, please.
[PR]

by goodragon | 2005-11-19 08:36 | 英語あたふた(English)
2005年 11月 18日

Comparison

今日も寒かったです。
私は"chilly"という単語を"cold"よりも寒い時に使うのだと勘違いしていました。
"chilly"は太陽が沈んだときに「お、ちょっと寒いな」ってときに使うのだそうです。
cool > chilly > cold > freezing という順に寒くなるんですね。


It was also cold today.
I misunderstood the meaning of "chilly".
I thought "chilly is colder than "cold". It was wrong.
When the sun goes down and you feel a little bit cold,
you can say "chilly".
We can use cool, chilly, cold and freezing in cold order.

More
[PR]

by goodragon | 2005-11-18 08:00 | 英語あたふた(English)
2005年 11月 04日

Topic of numbers

白状しますと、英語の数字が苦手です。

To be honest, I am not good at numbers of English.

数字の羅列をすばやく読むことができないのです。
自分の住所についている3桁の番地でさえ、
つっかかることがあります。
焦って、1、9、8というところを
1、8、9なんて言ってしまい、慌てて訂正したり。


I can’t read sequence of number quickly.
Even when reading only three figure in my address,
sometimes I stutter out.
When I get nervous,
I say “one, eight, nine” instead “one, nine, eight”
and I say again correctly in a rush.

聞き取るときも大変です。
耳では分かってもそれがすぐに数字として浮かんでこないのです。
例えば電話番号。
僕の携帯はxxxxxxxxxだよ
と言われてもとっさにメモすることができません。
3回くらい聞きなおします。


I’m also poor to catching numbers.
I can take it, but the figure doesn’t come up quickly.
Take phone number for example.
“My mobile phone number is xxxxxxxxx”
A friend of mine says so, but it’s hard to write down quickly.
I have to ask him to say again and again.

そして桁の大きい数字が
いったいいくつなのかすぐに理解できません。
特に金額の計算。


And as to big digit number,
I can’t follow how much it is in no time.
Especially, it’s quite difficult to count money.

>その日の午後(に出場した)のチェルシーのディフェンダー4人と
>ゴールキーパーにかかった費用(移籍金のこと)は46ミリオン・ポンドを超えている
>(文句あります?)


>Chelsea’s back four and goalkeeper that afternoon
>cost in excess of £46 million.

えーっと、ミリオンは100万だから、46を掛けて、4600万ポンド、
それに200を掛けると、えーっと、920億円・・・
数字がでかすぎてこんな単純な計算があってるのかどうか分からない・・・
(ここを英語に直すとへんなことになるので割愛します)

次はもっと大きな場合。


Next case is much more.

>アジア開発銀行は(鳥インフルエンザの)世界的な流行は
>282ビリオン・ドル(158ビリオン・ポンド)相当の
>経済的ダメージを受けるだろうという警告を発している。


>The Asian Development Bank warned
>that the economic damage from a pandemic
>could be as high as $282bn (£158bn).

ワンハンドレッド・フィフティー・エイト・ビリオン・パウンズって・・・
えーっと、・・・
ビリオンはミリオンの千倍だから100万の1000倍で、10億?
ということは、1580億ポンドか。
ということは200をかけて、およそ300兆円ってこと・・・あってます?
(ここも英語に直すとへんなことになるので割愛します)

単位の区切り方が日本と違うからいけないのです。


The problem is that digit is different from Japan.

クイズミリオネアはこっちでもやってますが、
ミリオン・ポンドは2億円ですからね。
日本で言う億万長者ってことになるのでしょうか。


We can see quiz show, Millionaire, on TV in UK.
Million pounds as prize money is “2-OKU YEN”.
That is called “OKU-MAN-CHOJA” in Japanese, right?

慣れるまでにもうしばらく苦労しそうです。

Anyway, it seems to have a difficult time
to get used to English figure.

----------
d0031968_8524671.jpg

North Greenwich, London
[PR]

by goodragon | 2005-11-04 08:53 | 英語あたふた(English)
2005年 10月 06日

Dog story

Although I am sort of a cat person, I insert dog’s photo today.

When I had sandwiches for breakfast in a café in Durham, I saw this dog.
He was whining because he was left outside
while an owner, an aged lady, was eating inside.

どちらかというと私はネコ派ですが、今日は犬の写真を。

この犬とは、ダラムという街のカフェで、
朝食にサンドイッチを食べていたときに出会いました。
ご主人様である老婦人が店の中で食べている間、
外にほおっておかれたので、鼻をくんくん鳴らしていました。


d0031968_8321445.jpg


Here is a dog I met in front of Museum of Contemporary Arts,
Barcelona in early morning.
He (She?) was staring at not me but a baguette I had for a while,
walking around me, and gone somewhere.
Sorry. I didn’t want any piece of the baguette because it was really good.
And, you didn’t look a wild dog.

これはバルセロナ現代美術館の前で早朝に出会った犬です。
彼(彼女?)は私ではなく、持っていたバゲッタをしばらく見つめ、
うろうろ歩き回り、どこかへ行ってしまいました。
ごめんねー。すごくおいしかったので、あげたくなかった・・・。
それに野良犬には見えなかったし。


d0031968_8323787.jpg


Well, as I mentioned before,
I’ve started to read a thriller, “WATCHERS” by Dean Koontz.
In the book, a smart golden retriever plays an active role.
I’ll show you description of scene that hero of the novel encounters the dog.
For what?
It’s just for me to learn writing correct English.
Let’s try translation!

さて、前にも言いましたが、
ディーン・クーンツのウォッチャーズという本を読み始めています。
その中で、かしこいゴールデン・レトリバーが活躍します。
主人公とその犬が出会う場面を紹介してみます。
なんでかって?
正しい英語の書き方を勉強するためです。自分のため。
さあ、翻訳に挑戦!


“Surely you’re not a wild dog – are you, boy?”
The retriever chuffed.
“No, too friendly for a wild one. Not lost, are you?”
It nuzzled his hand.
He noticed that, in addition to its dirty and tangled coat,
it had dried blood on its right ear.
Fresher blood was visible on its front paws, as if it had been running so long and so hard over rugged terrain that the pads of its feet had begun to crack.
“Looks like you’ve had a difficult journey, boy.”
The dog whined softly, as if agreeing with what Travis had said.

“おまえは野良犬じゃないな”
レトリバーは嬉しそうにしていた。
“うん、やっぱり違うな。野良犬にしちゃ人懐っこすぎる。迷ったわけでもないな。”
彼は、手に擦り寄ってくる犬を見て、体が汚れていて毛が絡まっているうえに、
その右耳に血がこびりついていることに気づいた。
前足には新しい血が見えた。まるで荒野を長時間走ったために、
肉球がひび割れてきたかのようだった。
“なんだかすごい旅をしてきたみたいだなあ”
犬はまるでトラビスが言ったことにうなずくかのように、静かに鼻をならした。

It is only 20 pages I’ve read.
まだ20ページしか読んでません・・・。
[PR]

by goodragon | 2005-10-06 08:30 | 英語あたふた(English)
2005年 09月 22日

OTAKU, WOTAKU or SPOTTER?

Do you know an English word express people
who are quite keen to take photos of trains and collect goods of trains?
In Japanese, it is so called “TETSUDO OTAKU”, isn’t it?
In English, it is “Train spotter”.

列車の写真を撮ったり、関連グッズを集めたりするのが
異常に好きな人のことを英語でなんというかご存知ですか?
日本語では、いわゆる「鉄道おたく」ですよね。
(最近じゃヲタクって書くようですが)
英語では“トレイン・スポッター”と言います。


According to English-English dictionary,
original meaning is…

Spotter:
someone whose job is to look for a particular thing or person
ex) weather/traffic/celebrity etc. spotter

英英辞典によりますと、もともとは

Spotter:
ある特定のものや人を追う仕事をしている人
例)weather/traffic/celebrity etc. spotter だそうです。


That’s why, I became a bridge spotter.
Spotter is much cooler than “WOTAKU”.

というわけで、私は「ブリッジ・スポッター」になったというわけです。
「ヲタク」よりはるかにいいですね。


This bridge is in Durham, next to Newcastle.
The town is not so big but tasteful.

これはニューカッスルの隣町、ダラムにある橋です。
それほど大きくない町でしたが、風情がありました。


d0031968_3385616.jpg


Well, I’m away from tomorrow, and coming back on Sunday night.
Guess where?
Please look forward to fine shots (hopefully).
See you!

さて、明日から日曜日まで留守にします。
どこへ行くのでしょうか?
きれいな写真(?)をご期待ください。
では!

[PR]

by goodragon | 2005-09-22 03:39 | 英語あたふた(English)