<   2005年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2005年 08月 31日

The name of tropical cyclones

A hurricane ‘Katrina’ is raging over the USA.
At lunch time, we talked about hurricanes and how to call those.
As you know, hurricanes are named after person’s name.
I thought those name are exclusively women’s, but it's wrong.

カトリーナというハリケーンがアメリカで猛威をふるっています。
今日のお昼はその話題になり、そこからハリケーンの命名法についての話になりました。
ハリケーンには人の名前がついています。
女性の名前だけかと思ったら違うんですね。


As it sounded interesting, I checked via the Internet.
I found it much more interesting than I expected.
According to certain HP, the first use of a name for a hurricane was
by Australian weather forecaster early in the 20th century.
He gave a hurricane names after political figures whom he disliked.
Nowadays, hurricanes are named to provide ease of communication
between forecasters and the general public regarding forecasts, watches, and warnings.

面白そうだったのでインターネットで調べてみたら、ほんとに面白いことがいっぱい載っていました。
20世紀初頭にオーストラリアの気象予報士が自分のきらいな政治家の名前を付けたのが始まりとか。
今では、予報や観測や警報に関して予報士の間だけでなく
一般の人にも分かりやすいように、名前が付けられています。

From here, I quote from the HP of
The Atlantic Oceanographic and Meteorological Laboratory (AOML).
If you find it interesting, you should visit the following URL by all means.
http://www.aoml.noaa.gov/hrd/tcfaq/tcfaqB.html

ここからはAOML(大西洋海洋気象学研究所(?))のHPから引用してみます。
もし面白いと思ったら、ぜひ次のURLに行ってみてください。
http://www.aoml.noaa.gov/hrd/tcfaq/tcfaqB.html


During World War II, tropical cyclones were informally given women's names
by US Army Air Corp and Navy meteorologists (after their girlfriends or wives)
who were monitoring and forecasting tropical cyclones over the Pacific.
From 1950 to 1952, tropical cyclones of the North Atlantic Ocean were identified
by the phonetic alphabet (Able-Baker-Charlie-etc.),
but in 1953 the US Weather Bureau switched to women's names.
In 1979, the WMO and the US National Weather Service (NWS) switched to
a list of names that also included men's names.

第二次世界大戦の間、トロピカルサイクロン(注:ハリケーンを含む)には、
太平洋上のそれらを観測、予測するアメリカ空軍の下士官や海軍の海洋学者らにより、
彼らのガールフレンドや妻の名前が付けられていました。
1950年から1952年には、北大西洋のトロピカルサイクロンは
Able-Baker-Charlie- というように音声学上のアルファベットで区別されました。
しかし、1953年にはアメリカのWeather Bureau(気象庁みたいなもんか?)は
それを女性の名前に変え、1979年にはWMO(世界気象機構…か?)と
アメリカのNWS(国立気象サービス…知らん!)が男性の名前を含んだリストを作成しました。


Huh huh huh
へー へー へー

A list means all of future hurricanes have already named.
You can see a list which men’s name and women’s name line turn about.
And also you can see ‘Katrina’ in 2005 table of Atlantic, Gulf of Mexico, Caribbean Sea area.
http://www.aoml.noaa.gov/hrd/tcfaq/B2.html

リストということは、将来発生するハリケーンすべての名前がすでに決まっているということです。
以下のURLで男性と女性の名前が交互に並んだリストを見ることができます。
そして、大西洋、メキシコ湾、カリブ海の地域の2005年のところにKatrinaを見つけることができます。
http://www.aoml.noaa.gov/hrd/tcfaq/B2.html


Huh huh huh
へー へー へー

I have more interesting story, but that would make this topic too long.
So I will write that tomorrow.
Guess what?

もっと面白いことがあるのですが、長すぎるので明日にします。
さて、なんでしょうか。

------------------------

d0031968_1183651.jpg

kebel college
キビル・カレッジ

[PR]

by goodragon | 2005-08-31 01:19 | 科学なぜなぜ(Science)
2005年 08月 29日

The University Club

Where I often go to after working on Friday is the University Club.
They provide social, sporting and hospitality facilities for all staff, post-graduates,
alumni and retired staff of the university and associated institutions.
On ground level, we can enjoy drinking and eating.
It’s a sort of pub, it’s rather clean, though.

金曜日の仕事のあとによく行くのが、ユニバーシティ・クラブです。
大学のスタッフ、卒業生、同窓生、退職したスタッフのためのもので、
社交の場として使ったり、スポーツしたり、宿泊できたりします。
1階ではビールを飲んだり料理を楽しんだりできます。
ま、パブですね。こぎれいですけど。


Prices of beer are a little cheaper than other pubs.
It’s for student price, isn’t it?
We also use a restaurant on 1st floor.
The foods are quite good and reasonable.
It is useful when we have some guests.
I sometimes use this with my friends or acquaintances.

ビールは他のパブよりもちょいと安いです。
学生価格ってとこでしょうか。
2階にはレストランもあります。
なかなかおいしくて、そんなに高くありません。
お客さんが来たときには便利です。


This is a look of the building in the daytime.
これは昼間。

d0031968_20553944.jpg


And this is in the evening.
そしてこれは夜。

d0031968_2056221.jpg


I really appreciate you.
お世話になっております

[PR]

by goodragon | 2005-08-29 20:56 | 英国あれこれ(UK life)
2005年 08月 29日

The words of winner

We have three holidays in a row this weekend in this country.
I don’t have special things to do.
Today, mid day of this holiday, was warm and mild.
I didn’t think it was boring to read.

イギリスは今週末は三連休です。
特にこれといってする予定はありません。
中日の今日は、天気も良く穏やかな日でした。
読書するのも悪くないな、と思ったので・・・


I went to my favorite bookstore, BORDERS.
Hey. Don’t imagine such serious books like novels
because I go to a bookstore.
As I described yesterday, I am getting a little crazy
for reading Japanese comics in English.
I bought volume 2 and 3 of “AKIRA”.
There ware expensive, though...

お気に入りの本屋、BORDERSに行きました。
おっと、本屋に行ったからといって、小説のようなまじめな本を買うとは限りません。
昨日書いたように、日本の漫画を英語で読むのにはまりつつあります。
「アキラ」の2巻と3巻を買いました。高かったんですけどね・・・


When I headed toward a cash desk holding two comics,
I looked around without intention.
I saw a big shelf on which “Our Favorite” was written.
...which means recommendation, right?

レジへ行く途中、きょろきょろしていると、
“我々のお気に入り”と書かれた棚が目に入りました。
“オススメ”ってことですよね。


I thought I could get some interesting books,
and looked into the shelf.
What I found was a biography titled “ALL THE WAY JOSE”.
JOSE means Jose Mourinho who is a great coach of Chelsea.
I respect him because he led Chelsea to get double trophies,
the Carling Cup and the Barclays Premiership,
last season immediately he has assumed the coach.
In my opinion, he might be the one whom I want to be my boss.
It seems to be written about all games of last season
including a few pictures.
Looks interesting !

面白い本があるかな、と思って棚を覗いて見ました。
見つけたのは、“ALL THE WAY JOSE” というタイトルの本です。
(「すみからすみまで角淳一JOSE」って感じでしょうか?)
JOSE(ジョゼ)というのはチェルシーの偉大な監督、ジョゼ・モウリーニョのことです。
彼は昨シーズン就任1年目にしてチェルシーを
カーリング・カップ優勝、プレミアシップ優勝に導きました。
そんなわけで私は彼を尊敬してます。
上司にしたい人No.1かもしれません。
昨シーズンのすべての試合について書かれているようで、写真も入ってます。
面白そうです。

Oh! I remember!
John Terry, the great defender of Chelsea
probably has published his autobiography recently.
That book must be next to Jose’s biography.

...Nothing. It’s weird. Where...where...where...

I got it! “My Winning Season” was it.
The cover is a picture he lifts a trophy proudly.
His words may wake my interest in football more.
There are statistics of last season in the end of a book.
Looks interesting !

おっと、思い出しました!
チェルシーの偉大なディフェンダー、ジョン・テリーが最近、自叙伝を出したはずです。
きっとジョゼの伝記のとなりに違いありません。

・・・ありません。変です。
・・・どこにあるのか・・・

ありました!“My Winning Season”というタイトルでした。
彼が誇らしげにトロフィーを掲げているの写真が表紙です。
読んだらもっとサッカーがもっと面白くなるような気がします。
巻末には昨シーズンの統計解析も載っています。
面白そうです!


Apart from contexts, it seems to be tough to read,
because these are obviously written in English.
Am I sure to read?

I bought both. (chuckle)

しかし内容はともかく、読むのは大変そうです。
なぜなら、当たり前ですが、英語だから。
ほんまに読むのか?

両方、お買い上げー(笑)。


I’ve read Jose Mourinho’s one a little.
I introduce his words.

少しモウリーニョのほうを読みました。
彼の言葉を紹介します。


When you have a job in football it is for three reasons.
One reason is because you love it.
Another reason is because you want a good financial situation
for the future of your family.
And the next reason is to win titles.
So you cannot lose the ambition of winning titles,
or the passion you have for the game.
The day you lose it or you feel it is going a little bit down
is the right moment to leave.
The day I feel I don’t have the same passion and motivation,
I will quit.

サッカーの仕事に携わるのは次の3つの理由があるからなんだ。
一つには、サッカーが好きだからで、
一つには、家族の将来のために、お金を稼ぎたいからで、
もう一つはタイトルを取るためだ。
だからタイトルを取るという強い気持ちや試合に対する情熱を無くしてはだめだ。
それを失ったり、失いかけてきたと思ったとき、それはピッチを去る時だ。
今と変わらない情熱や意欲が持てなくなったとき、私はこの仕事を辞める。


I think the same thing applies to almost all of jobs.
Tomorrow, Monday, is also holiday.
I am wondering if I can make some progress.

同じことがほとんどの仕事に当てはまるのではないでしょうか。
明日、月曜日も休みです。
もう少し先まで読めるかな。


d0031968_7335492.jpg

[PR]

by goodragon | 2005-08-29 07:30 | 蹴道おれおれ(Football)
2005年 08月 28日

Onomatopoeia

The other day, I took up the topic of onomatopoeia, didn’t I ?
I am interested in its difference between Japanese and English.
When I was in a book shop this evening, comic shelves reminded me of it.
You can see many kinds of onomatopoeia in comics.
I rarely buy comics even if it is written in Japanese,
so it took some time to find an interesting one.

先日、擬態語(擬声語)のことについて書きましたよね。
日本語のそれと英語のそれの違っているので面白いです。
夕方、本屋で漫画コーナーをみたときふとそれを思い出しました。
漫画には擬態語(擬声語)がたくさんあるはずです。
私はめったに漫画は買いません。たとえそれが日本語であっても。
なので、どれが面白いのか探すのにちょっと時間がかかりました。


Finally, I got it.
That was “AKIRA” which I thought one of the best comic in Japan.
In the case of Japanese comics, a cover, you should read lines from right to left.
“AKIRA” translated into English are applied to English style,
which mean you have to read it from left to right.
Surprisingly, almost of leaflets, posters and signboards in it were rewritten in English.
Naturally, onomatopoeias are as well.

Great! I like it for its intensiveness.

I bought a volume one.

やっと見つけました。
“アキラ”です。私はこれは日本の漫画の中でかなりの部類に入ると思ってます。
日本の漫画では、セリフは右から左へ読みますよね。
英語版アキラは英語のスタイルを採っています。
つまり左から右へ読むようになっています。
驚いたことに、漫画の中にでてくるチラシ、ポスター、看板などはすべて英語で書き直されていました。
もちろん、擬態語(擬声語)も。

すばらしい!その徹底的な仕事に惚れた。

1巻を購入。


I’ve read half.
Rrrrrrrrrrr, pretty good!

半分読みました。
うーーー、面白い!


Here, let me pick up some onomatopoeia.

*The sounds of gunshot
.....BLAM, SBLAM, BAM, BLAOM, ZBATA
*The sounds of car slipping
.....RAAK, KRiiii, SSKRiiii, KSHiiii, CRiiic
*The sounds of glasses breaking
.....KSING, CLING, KRESHH, KRASH
*The sounds of explosion
.....TSHAF, FWOOM, DOOM, ZBAM
*The sounds of footstep
.....SBAAK, TAP, THHIK

ではここで、いくつか紹介させてもらいます。

*銃を撃つ音
.....BLAM, SBLAM, BAM, BLAOM, ZBATA
*車がすべる音
.....RAAK, KRiiii, SSKRiiii, KSHiiii, CRiiic
*ガラスが割れる音
.....KSING, CLING, KRESHH, KRASH
*爆発の音
.....TSHAF, FWOOM, DOOM, ZBAM
*足音
.....SBAAK, TAP, THHIK


OK, here is a question.
What kind of sound next two is?

1. WOOiiii WOOiii
2. PLOK PLOK

ではここで問題です。
次の2つの音はどんな音でしょう?

1. WOOiiii WOOiii
2. PLOK PLOK


---------------------
d0031968_722696.jpg

=HUFF= =HUFF=
ふう、ふう、

[PR]

by goodragon | 2005-08-28 07:01 | 英語あたふた(English)
2005年 08月 27日

A Midsummer Night's Dream

Needless to say, I live in England now.
Talking of England, Shakespeare is a very famous dramatist.
Huge numbers of his plays seem to be performed throughout England.
Especially in summer time, you can watch those at an open theater.
I’m not very interested in such a play like classical one, but
I’ve been thinking it was worth watching one day.

えー、私は今、イングランドに住んでいます。
イングランドといえば、シェイクスピアという劇作家が有名ですね。
イングランド中で、数え切れないほどの彼の劇が演じられているようです。
特に夏場は、野外劇場で見ることができます。
古典的な演劇にはあまり興味がないのですが、
一回くらいは見に行ってもいいかな、と思っていました。


So, I went to a play this evening.
That was “A Midsummer Night’s Dream”.
I knew nothing but the name.
I think it is already the beginning of autumn, though...
I don’t care.

そこで、今日の夕方、見に行きました。
“真夏の夜の夢”です。
名前だけは知っていました。
もう秋が始まってるような気もするんですが、まあいいや。


An open air theatre was in Headington Hill Park.
A stage was the ground covered with fallen leaves.
A stands were built on about ten levels.
In other words, the audience looks down a stage.

野外劇場はヘディントン・ヒル・パークの中にありました。
舞台は落ち葉で覆われた地面です。
観客席は10段くらいに作られていました。
つまり、観客は舞台を見下ろす形になります。


Before and interval of play, you can have a drink and foods at stands near the theatre.
Because I felt cold, I had coffee and crape with fresh strawberry and cream.
It was excellent.

劇の前や中休みには、近くの屋台で飲んだり食べたりできます。
寒かったので、コーヒーといちごクレープを食べました。
なかなかおいしかったです。


To be honest, I couldn’t catch the word in the play.
Due to my poor knowledge about the story, it was difficult to follow what happened.
However, basically “A Midsummer Night’s Dream” is comedy.
So I could enjoy comical motions of actors and actresses
and particular atmosphere of open theatre as well.

白状すると、何言ってるのか分かりませんでした。
で、ストーリーの知識も無いので、何が起こっているのか理解するのが難しかったです。
でも、基本的に「真夏の夜の夢」は喜劇です。
なので、役者のコミカルな動きは楽しむことができました。
そして、野外劇場の独特の雰囲気も体験できてよかったです。


Was it a proper way to enjoy English summer?
It’s probably insistent but it has already begun autumn, I think...
How was your summer?

イギリスの夏の正しい楽しみ方でしょうか?
しつこいようですが、もう秋のようです・・・
みなさんの夏はいかがでしたか?


d0031968_97673.jpg

Oxford's Open Air Theatre in Headington Hill Park
[PR]

by goodragon | 2005-08-27 07:37 | 英国あれこれ(UK life)
2005年 08月 26日

GOOSE at Gloucester green

Today, I and my friends went to an old pub “Goose” for lunch,
because it was the birthday of my friend, Emma.
Sometimes we go out for lunch like this.
To tell the truth, I had beer there...
Sorry!

今日はエマの誕生日だったので、
友人たちとGooseという老舗のパブに昼ごはんを食べに出かけました。
ときどき、こんなふうに外でランチを食べます。
白状すると、今日はビールを飲んでしまいました・・
申し訳ない!


So, my brain didn’t work this afternoon.
I got sleeeeeeeeeeeeeeeeeepy.
From 6 pm, finally I could concentrate to my work.
It’s doubtful whether my moral is OK or not.

そんなわけで、午後はまったくはかどりませんで。
眠くて眠くて。
6時からやっとなんとかなりました。
こんなんでいいんでしょうか。


That’s no problem!

Does anyone say like that?

いいんです!

ってだれか言ってくれません?


----------------
d0031968_6254950.jpg

Kings Arms
(One of the oldest pub in Oxford)

キングス・アームズにて
(これもオックスフォードの老舗パブの一つです)

[PR]

by goodragon | 2005-08-26 06:24 | 御飯ぱくぱく(Food)
2005年 08月 25日

OMOTENASHI

I forgot to talk about inviting my friend for dinner.
After all, I served "Temari-Sushi, fresh spring roll, parma ham salad,
"Gyoza" and croquette.

Those were not quite Japanese food and not so gorgeout,
but they looked be satisfied.

What a relief!

I'm afraid I forgot to take some photos.
Perhaps, It was because of getting a little bit nervous.

Next time, I want to cook more good-looking and rich foods.

If I plan next one・・・

おもてなしをした話をするのを忘れていました。
結局、手毬ずし、生春巻、パルマハムのサラダ、餃子、コロッケにしました。

日本料理!ではないし、豪華でもありませんでしたが、
満足してくれたようです。

ほっ。

残念ながら写真を撮るのを忘れてしまいました。
もしかして、ちょっと緊張していたからかもしれません。

次回はもう少し、見栄えのするボリュームのあるものにしたいですね。

次回があればの話ですが・・・


----------------

I cook such elaborate foods for a change.
たまにはこんな手の込んだ料理も作ったりします。

d0031968_2232478.jpg

Fried chiken with cheese, spinach and tomato sauce
チーズとほうれん草をはさんだチキンのトマトソース掛け

[PR]

by goodragon | 2005-08-25 08:20 | 御飯ぱくぱく(Food)
2005年 08月 24日

Stansted Airport

One more topic of airports.
I have been to Stansted airport located 20-30 miles away from London.
You often use this airport if you take low fare flight
to somewhere in Europe from near London.

空港のトピックをもう一つ。
ロンドンから20~30マイル離れたスタンステッド空港に行ったことがあります。
ロンドン近郊からヨーロッパのどこかへ格安で行こうとおもったら、
たいていこの空港を使うことになります。


Do you know an airline called Ryanair?
As far as I know, this airline is the lowest around Europe.
If you don’t know, visit HP. here.
Just having a look it, you can feel somewhat happy.
For example, from Stansted to Rome, the lowest fare is now £0.65.
That means ¥130.

It can’t be!

ライアンエアーという航空会社をご存知でしょうか。
わたしの知る限り、ヨーロッパ周辺ではこの会社が一番安いです。
もしご存知なければ、HPを見てみてください→ここです
見るだけで、なんだか楽しくなってきます。
例えば、スタンステッドからローマまで、今、一番安い便で0.65ポンドです。
つまり130円です。

ありえない!


Of course, fares are exclusive of taxes fees, etc,

yet cheap !

Unfortunately, it takes 3hr by bus from Oxford to Stansted.
That’s too long for aged people (like me),
and a little bit wasteful of time...

もちろん、料金に税金その他は含まれていませんが、

でも安い!

残念なことに、オックスフォードからスタンステッドまでバスで3時間かかります。
私のような年寄りには長すぎますし、ちょっと時間の無駄のような気がします・・・


Actually, I got tired when I arrived there at break of dawn.
However, the look of the airport roused me from my sleep.
The construction built by an English great architect,
Norman Foster, was absolutely beautiful.

夜明けごろに着いたときは、正直言って、疲れてました。
でも、その概観を見たら、いっぺんに眠気が覚めてしまいました。
イギリスの偉大な建築家、ノーマン・フォスターが作ったその構造物は、
非常に美しかったからです。


I would be tired, but I’m going again anyway.

疲れるだろうけど、やっぱりまた行こうと思います。

d0031968_0595987.jpg

Stansted airport
スタンステッド空港

[PR]

by goodragon | 2005-08-24 07:27 | 英国あれこれ(UK life)
2005年 08月 23日

Arrivals gate

After watching a movie “Love Actually” by Richard Curtis, I like Heathrow airport.
Especially, my favorite is the arrivals gate of terminal 3, which is for international airline,
because you can see many kinds of touching reunion there.

リチャード・カーティスの“ラブ・アクチュアリー”という映画を見てからというもの、
ヒースロー空港が好きになりました。
特に、国際線の到着ゲートがあるターミナル3がお気に入りです。
そこには数々の感動的な再会があるからです。



Today, I am counting on the movie to explain that atmosphere.
I copy subtitles of prologue because I don’t have much time to get what Hugh Grant says.

その雰囲気を伝えるために、今日は映画に頼ってしまいます。
ヒュー・グラントが言ってることを聞き取る時間がないので、
プロローグ部分の字幕をコピーしてしまいます。



===========
Whenever I get gloomy with the state of the world,
I think about the arrivals gate at Heathrow airport.
General opinion makes out that we live in a world of hated and greed,
but I don’t see that.
Seems to me that love is everywhere.
Often it’s not particularly dignified or newsworthy but it’s always there.
Fathers and sons, mothers and daughters, husbands and wives,
Boyfriends, girlfriends, old friends.

When the planes hit the Twin Towers, as far as I know,
None of the phone calls from people on board were messages of hate or revenge,
They were all messages of love.
IF you look for it, I’ve got a sneaky feeling you’ll find that love actually is all around.

今の世界情勢に悲観的になったとき、
私はいつもヒースロー空港の到着ゲートのことを思う。
我々は憎しみと欲に満ちた世界に住んでいるという人が多いが、
私はそうは思わない。愛はどこにでもあるように思うのだ。
とりわけ高貴なものであったり、ニュースになるようなものであることはめったにないけれど、
でも愛はいつでもそこかしこにある。
父親と息子、母親と娘、夫と妻、恋人同士、古い友人。

ツイン・タワーに飛行機が激突したとき、乗客が送ったメッセージの中で
憎しみや復讐についてのものは、私の知る限りひとつもない。
すべて愛のメッセージだった。
もしあなたが愛を探し求めているのなら、私はこう思うのだ。
皆にまんべんなくちゃんと愛があるんだよ、と。

(このナレーションの間、ずっとヒースローでの映像が流れます)


===========

Exactly.

そうなんですよねー。

By the way, what a bad translation!
I think there are some mistakes in this translation.
Please correct it.
or
Please try to translate in different way.
Especially, as to the last sentence.

それにしてもさえない翻訳!
たぶんこの翻訳、ちょっと間違ってるように思います。
正してくださいませ。それか、別の翻訳をしてみてください。
特に最後の一文を。


---------
d0031968_2151897.jpg

arrivals gate at Heathrow airport
ヒースロー空港 到着ゲート

[PR]

by goodragon | 2005-08-23 07:30 | 英国あれこれ(UK life)
2005年 08月 22日

Challenging

This is not a complaint.
Just I talk to myself.

I have many things to write,
but it’s still difficult to write what I really want to in English.
I think this pressure makes my topics of this blog
less interesting than before.

No, it’s always boring, isn’t it.

To take a beautiful picture is very challenging.
To make an attractive article is also quite difficult.

I will work hard to make it possible.

愚痴ではございません。
単なる独り言です。

書きたいことはたくさんあるのですが、
本当に書きたいことを英語で書くのはまだまだ難しいので、
記事の内容が前よりつまらなくなっているように思います。

いや、前からつまらないか。

美しい写真を撮るのはとても難しい。
魅力的な文章を書くのもとても難しい。

がんばろう。

------------
d0031968_2155359.jpg

temple bar in Dublin
テンプルバー in ダブリン

[PR]

by goodragon | 2005-08-22 08:39 | 英語あたふた(English)