R's memorandum

goodragon.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 30日

Tea break

I slack off today.
I am probably writing about this architecture tomorrow.

今日はサボります。
明日はこの建物について書いてみようかと。


d0031968_45410.jpg

[PR]

by goodragon | 2005-09-30 04:08 | 英国あれこれ(UK life)
2005年 09月 29日

Barcelona#3

It was cold today.
It’s already the end of autumn?
This morning, feeling somewhat chilly wind,
I remembered my university’s day.
At that time, I belonged to a cycling club.

寒い一日でした。
もう晩秋ですかい?
今朝は、冷たい風を感じながら、
大学時代を思い出していました。
サイクリングクラブに入っていたのです。


On the way home this evening,
pedaling against to strong wind,
I also remembered my cycling days.
That brings back memories.

夕方の帰り道、向かい風の中、ペダルをこぎながら
また、サイクリングクラブのことを思い出していました。
なつかしい・・・。


-----------------

Anyway, today, I’ll take a break from Gaudi.
I haven’t put a photo in which a person is, have I.?
I’ll do that.

えーっと、今日はガウディは休憩です。
まだ人が写っている写真を載せていなかったですよね。
載せます。

d0031968_701517.jpg


Although I decided the date of this trip without checking any events before,
I came across a festival on the street by chance.
Several dolls of giants were walking though main street.
The giants are called “Gegants” in Spanish, which means giants.
I saw many children on their father’s shoulder.
It seemed to be a holiday in Barcelona.

事前にイベントをチェックせずに日程を決めたのですが、
偶然にも通りで、とあるお祭りに出くわしました。
巨人の人形がいくつかメインストリートを歩いていたのです。
これはヒガンテと呼ばれるそうです。
お父さんに肩車された子供たちを沢山見ました。
バルセロナは祭日だったようです。


d0031968_711528.jpg


Fortunately, I could see Castellers (human towers) !
I was really really impressed and touched with that.
Have you seen this?
This is formed by up to eight or nine levels of people
balancing on the shoulders of the level below.
It is a superb illustration of balance and communal collaboration.
And more, a person who stands on top level is only 5 to 6 years old !
Unbelievable!

幸運にも、カステラルス(読み方不明)と呼ばれる人間の塔を見ることができました。
もうこれには本当に感動しました。
見たことありますか?
これは下の人の肩の上に乗って、
バランスをとりながら8、9段の塔を作ってしまうというものです。
バランスと協調性を示す素晴らしいものです。
そしてなんと、一番上に立つのは5歳か6歳くらいの子供なのです!
信じられません。


d0031968_72575.jpg


Everybody have the racing pulse or sweaty palms when constructing the tower.
The second that is completed, crowded audience gives them tremendous applause.
It was so fantastic.

タワーが出来上がっていくとき、誰もが手に汗を握り、どきどきします。
完成した瞬間、大勢の観衆からはやんやの拍手喝采。
素晴らしかったです。


d0031968_714373.jpg

[PR]

by goodragon | 2005-09-29 07:01 | 旅行うろうろ(Travel)
2005年 09月 28日

Barcelona#2

As may be expected of a great architect of 20th century, Gaudi,
many comments have come.
Thank you very much.
You all seem to be interested in his works and Barcelona as well.
So, I’ll show you a couple of photos of Casa Batllo today.

さすが20世紀の偉大な建築家、ガウディですね、
コメントがたくさん。
どうもありがとうございます。
皆さんガウディの作品、そしてバルセロナがお好きなようです。
そこで、今日もカーサ・バトリョの写真を少し。


------------
d0031968_701298.jpg

This ceiling and light are suggestive of a shell and sea anemone.
How about you?
(I wanted to avoid a fire smoke detector, if possible…)

この天井とライトは貝とイソギンチャクを連想させます。
皆さんはいかがでしょう。
(ほんとは火災探知機を入れたくなかったんですけどね・・)


---------------
d0031968_704551.jpg

This was taken on balcony.
Really beautiful, isn’t it?

これはバルコニーで撮りました。
きれいですねー。


---------------
d0031968_711282.jpg

This is a window…?
He had a way of making everything organic.
I mean, sure, his great teacher was Nature.

これは窓でしょうか?
彼の手にかかると全てのものが有機的になります。
というか、彼は自然から多くのことを学んだのですよね。


---------------
Well, photos of Gaudi’s works are still going on
but please look at my favorite architect’s work.
Yes, his name is Santiago Calatrava.

さて、ガウディ作品の写真はこれからまだ続きますが、
私のお気に入りの建築家の作品も見てください。
そう、彼の名前はサンチャゴ・カラトラヴァです。


I did go to see one of his works by metro in early morning.
As I expected, I was the only one who come to see this.
Occasionally local people passed through.
That’s the best part of a bridge spotter.

朝早くから地下鉄に乗って、わざわざ彼の作品を見に行きました。
思ったとおり、見に来てるのは私だけでした。
ときおり、地元の人が通り過ぎるくらい。
ブリッジ・スポッターの醍醐味ですね。


d0031968_714927.jpg

This bridge is called “Bach de Roda – Felipe II Bridge”.
This is not traversing one like Gateshead Millenium Bridge,
but combination of strait lines and curve lines are fantastic.

この橋は“バック・デ・ローダ – フェリペIIブリッジ”といいます。
ゲーツヘッド・ミレニアム・ブリッジのように動きませんが、
直線と曲線のコンビネーションが素晴らしいです。


d0031968_72436.jpgd0031968_7234100.jpg
If this arch and suspender cable are nothing,
you know, the road would come down.
Conversely, these iron structure support the weight of the road.
It doesn’t look such massive construction, instead, light frame.

このアーチと吊りケーブルがもしもなかったら、
この道は崩れるんです。分かりますね。
逆に言うと、この鉄の構造が道路の重さを支えているわけです。
そんなに重厚な構造には見えません、むしろ軽やかです。


d0031968_743671.jpg

I enjoyed very much.
[PR]

by goodragon | 2005-09-28 06:56 | 旅行うろうろ(Travel)
2005年 09月 27日

Barcelona#1

To tell the truth, I’ve been to Barcelona, Spain.
It was first time to go to European continent.
The reason I chose Barcelona was to see Gaudi’s works and Santiago Calatrava’s works.
The former is, needless to say, so famous architect that you don’t need to hear my explanation.
The latter is also one of the great Spanish architects, and is still alive.

実はスペインのバルセロナへ行ってました。
ヨーロッパ大陸に足を踏み入れるのは初めてです。
なぜバルセロナなのかというと、ガウディとサンチャゴ・カラトラヴァの作品を見るためです。
ガウディは、いわずもがなとても有名な建築家なので、説明は要りませんね。
カラトラヴァもスペインの偉大な建築家のひとりで、現役です。


There are a lot of Gaudi’s works there.
As soon as arriving at hotel, leaving my rucksack, I went to see Casa Batllio.
I put a typical shot of the facade in you can see in post cards.

バルセロナにはガウディの作品がごちゃまんとあります。
ホテルに着くとザックを置いて、すぐにカーサ・バトリョを見に行きました。
ポストカードでよく見るようなファサード(前面、開口部)の写真を載せてみます。


d0031968_6375440.jpg


I’ve never seen such unique design like this.
Of course, I looked around inside.
Every detail has beautiful curve, which just overwhelmed me.
I was in trouble of taking photos because everywhere was amazing and fantastic.

こんなユニークなデザインは見たことがありません。
もちろん、内部も見学してみました。
どんなところにも美しい曲線が使われていて、圧倒されます。
どこもかしこも素晴らしいので、写真を撮るのが大変でした。


This one was taken from a balcony.
A mosaic made by broken glasses and tiles is also unique character.
I am going to show another photos of Gaudi’s design later.

これはバルコニーで撮った一枚。
割れたガラスやタイルで作るモザイクも特徴的です。
ガウディの作品のほかの写真は、おいおい紹介していこうと思っています。


d0031968_622459.jpg


Well, I want to write a little about Caratlava’s work.
The tower of the photo I inserted here yesterday is his work called Montjuic tower.
That was built in 1992 for Barcelona Olympics not only as a symbol but also telecommunication tower.
I didn’t remember when I got interested in his design, but I had really missed that.
Finally, there was in front of my eyes.
Although it was a little tough to stare the tower against the sun, I did.
No one except me is there looking at a beautiful organic form at that time.
That made me really happy.

さて、カラトラヴァの作品についても少し書きたいと思います。
昨日載せたタワーの写真は彼の作品でモンジュイック・タワーといいます。
1992年のバルセロナオリンピックのために建てられました。
単なるシンボルとしてだけではなく、テレビ塔としても機能しています。
いつから彼の作品に興味を持ったのか覚えていませんが、
実際に見てみたいと思っていました。やっと会えたというわけです。
逆光に向かってタワーを見つめるのはちょっと苦労しました。
私のほかには誰もその美しい有機的なフォルムを見ている人はいなかったので、
なんだか嬉しかったです。


d0031968_6223497.jpg


The bottom part of the tower was amazing.
As you can see, only these three small parts hold whole weight.
I was really impressed about the sense of balance.
However, what made him famous was the design of brides.
I have to go to see his bridge as a bridge spotter.

タワーの基底部に驚嘆させられます。
ご覧の通り、全重量を支えているのはこの小さな部分だけなのです。
そのバランス感覚に感動を覚えました。
でも彼を有名にしたのは橋のデザインなのです。
ブリッジ・スポッター(橋ヲタク)としては、見に行かねばなりません。

[PR]

by goodragon | 2005-09-27 06:23 | 旅行うろうろ(Travel)
2005年 09月 26日

The city which name starts with "B".

Flight tickets : 160 euro
3nights stay in hostal : 165 euro
Eats, Sights, Transport, etc, : 200 euro
Fantastic experiences : priceless

I’m home.

So where?

飛行機代 : €160
宿泊費  : €165
食費、観光、移動などなど : €200
素晴らしい体験 : 換算できません

帰ってきました。

だから、どこなん?


d0031968_8312579.jpg


I have been to the city in which this tower is.
I wonder if anyone knows this.
I’ll write about this trip little by little.

このタワーのある都市に行っていました。
(わざと分かりにくい写真を使っております)
誰かご存知の方、いるでしょうか。
この旅行について、これからちょっとずつアップしていきます。

[PR]

by goodragon | 2005-09-26 08:37 | 旅行うろうろ(Travel)
2005年 09月 22日

OTAKU, WOTAKU or SPOTTER?

Do you know an English word express people
who are quite keen to take photos of trains and collect goods of trains?
In Japanese, it is so called “TETSUDO OTAKU”, isn’t it?
In English, it is “Train spotter”.

列車の写真を撮ったり、関連グッズを集めたりするのが
異常に好きな人のことを英語でなんというかご存知ですか?
日本語では、いわゆる「鉄道おたく」ですよね。
(最近じゃヲタクって書くようですが)
英語では“トレイン・スポッター”と言います。


According to English-English dictionary,
original meaning is…

Spotter:
someone whose job is to look for a particular thing or person
ex) weather/traffic/celebrity etc. spotter

英英辞典によりますと、もともとは

Spotter:
ある特定のものや人を追う仕事をしている人
例)weather/traffic/celebrity etc. spotter だそうです。


That’s why, I became a bridge spotter.
Spotter is much cooler than “WOTAKU”.

というわけで、私は「ブリッジ・スポッター」になったというわけです。
「ヲタク」よりはるかにいいですね。


This bridge is in Durham, next to Newcastle.
The town is not so big but tasteful.

これはニューカッスルの隣町、ダラムにある橋です。
それほど大きくない町でしたが、風情がありました。


d0031968_3385616.jpg


Well, I’m away from tomorrow, and coming back on Sunday night.
Guess where?
Please look forward to fine shots (hopefully).
See you!

さて、明日から日曜日まで留守にします。
どこへ行くのでしょうか?
きれいな写真(?)をご期待ください。
では!

[PR]

by goodragon | 2005-09-22 03:39 | 英語あたふた(English)
2005年 09月 21日

Newcastle#3

I forgot to bring my dictionary back again.
I don’t care this time.

辞書を持って帰ってくるのをまた忘れてしまいました。
でも気にせずに参ります。


----------------

Well, I want to refer to the Mr. summilux35’s blog this time.
He always shows us brilliant and beautiful photos.
Especially, most impressive one was a shot titled “Beauty of irons”.
I also tried to express the beautiful construction made by irons.

さて、今回はsummilux35さんのブログを参照したいと思います。
彼はいつも素晴らしい写真を見せてくださいます。
特に、印象深かったのが、「鉄の美学」と題されたものです。
私も鉄でできた美しい構造物の表現にチャレンジしてみました。


d0031968_2392577.jpg


I know mine is not so good, but to show my respect to his work,
I do refer to the blog, that is to say, “trackback”.
By the way, did you know what it is?

たいしたことないですねー、
ただ彼の作品に敬意を表すべく
あえて触れてみた、いわゆる「トラックバックしてみた」次第です。
ところでこれが何か分かりますか?


I will show you another bridge over river Tyne in Newcastle.
Tyne bridge is the name.
It was built in 1928 and was located in the easternmost
among six bridges over the river before Millennium bridge came up,

ニューカッスルのタイン川に架かるもう一つ別の橋を紹介しましょう。
その名もタイン・ブリッジ。
1928年に完成し、ミレニアム・ブリッジができるまでは
6つの橋の中でいちばん東に位置していたそうです。


d0031968_3382580.jpg


A fine and thin bridge like Millennium bridge is beautiful,
but a massive and dynamic bridge is also beautiful, I think.
Sydeny and NY have a similar shape but longer one.
You can see Sydney Harbour bridge in the last scene
of the movie "Mission impossible II".
According to my book “BRIDGES”, there seems to be an interesting story
about rivalry between this two bridges.
I hope I can show you this story oneday.

ミレニアム・ブリッジのような繊細な橋も美しいのですが、
力強い橋もやはり美しいと思います。
同じタイプで、もっと長いものがシドニーとニューヨークにあります。
シドニーのハーバー・ブリッジは映画ミッション・インポッシブルの
ラストシーンで見ることができます。
「BRIDGES」という私が持っている本によると、
この2つの橋における競い合いについての面白い話があるようです。
この話はまたいつか紹介できたらいいなと思います。


d0031968_3384178.jpg


Pleasant air in Newcastle to you.
ニューカッスルの気持ちのいい空気をどうぞ。
[PR]

by goodragon | 2005-09-21 02:38 | 建築ふむふむ(Architecture)
2005年 09月 19日

Newcastle#2

A prefect autumn day
秋晴れ。

I didn’t know at all what city Newcastle was.
It sounds a little rude but I imagined the city to be a somewhat old downtown.
I’m sorry I’m wrong.

ニューカッスルがどんなところなのか全く知りませんでした。
失礼かもしれませんが、ちょっと寂れたようなところかなあ、と。
でも違いましたね。すいません。


The walks along the river Tyne was bright and beautiful.
I enjoyed walking about with relaxed feeling.
What I was fascinated most was this one.
Guess what?

タイン川に沿った遊歩道はとても開放的で美しかったです。
ゆったりと散歩を楽しめました。
で、一番魅力的だったのが、これです。
さて、なんでしょうか。


d0031968_16512054.jpg


New castle is noted for beautiful bridges.
First of all, I will introduce the latest one.
This foot bridge is called Gateshead Millenium Bridge,
which was designed and built in 2000 by a famous architect group, Wilkinson Eyre.

ニューカッスルは美しい橋があることで有名です。
まず、最新の橋を紹介しましょう。
この歩道橋はゲーツヘッド・ミレニアム・ブリッジといって、
著名な建築グループであるウイルキンソン・エアによってデザインされ、
2000年に完成しました。


d0031968_5462717.jpg


beautiful, isn’t it?
きれいですねー。

This isn’t an ordinary footbridge.
When a boat goes under the bridge, this is, say, moving!
Luckily, I could watch it by chance.
Please look at this.

しかし、ただの歩道橋ではありません。
船が橋の下を通るとき、なんと、動くのです!
ラッキーにも、偶然、目にすることができました。
どうぞごらんください。


d0031968_5465622.jpg
d0031968_5471675.jpg
d0031968_5475120.jpg

d0031968_553373.jpg


Wow! It was amazing!
おおーっ、すごい!

d0031968_5581386.jpg


Only with this fine design and movement,
I was quite sure that this mini trip was right decision.

この素晴らしいデザインと動きだけで、
この小旅行が大正解だったことを確信したのでした。


However, iterms of dynamics,
this design doesn't seems to be good.

しかしながら、力学という観点からすると、
このデザインはあまりよろしくないのだそうです。
この橋について詳しく解説しているHPから引用させていただくと・・・

ドラマティックな可動方式とは裏腹に、
構造的には残念ながら少々無理をしていると言えます。


だそうです。興味がある方はこちらへ。でもちょっと難しい。
物理がきらいな人はだめかもしれません。


From other side...
えっと、反対の岸から・・・

d0031968_5591485.jpg


Does anybody feel something strange?
How did I take pictures from both banks?

なんかへんだな、と思った人います?
どうやって両岸から写真をとったのか?


The answer is … because the bridge was tilting twice in short time…
Boring answer…

答えは・・・
ただ短時間の間に2回傾いた、ってだけなんですけどね。

[PR]

by goodragon | 2005-09-19 16:19 | 建築ふむふむ(Architecture)
2005年 09月 17日

Newcastle

From tomorrow, I go to a northern town, Newcastle.
A friends of mine is going to run a half marathon there,
and I go with her and her boyfriend.
I haven’t been to the town, so I’m looking forward to it.

明日からニューカッスルという北の町に行ってきます。
友人がハーフマラソンに出るというので、
そのボーイフレンドと一緒に行ってきます。


I hope I can take many photos
which make you to feel different atmosphere to Oxford.

See you on Monday.
Have a nice weekend!

オックスフォードとはまた違った雰囲気を感じさせる
写真を撮れればいいなと思います。

では月曜日に。
皆さん、よい週末を!


----------

d0031968_4563857.jpg

Broad street, OXFORD
[PR]

by goodragon | 2005-09-17 04:58
2005年 09月 15日

Acknowledgment (謝辞)

今朝は、まともな雨が降っていたので、歩いてラボへ。30分弱の道のりです。
帰るまでそれを忘れていて、8時前にラボを出てから思い出しました。
いかんスーパーで買い物しなくてはいけないのに。
せっせと歩きながら今日のメニューを考えて、買うべきもののありかをイメージして、
店に入るやいなや実に無駄のない動きで必要なものをゲットして、
一番短い列のレジを選んで支払いを済まして、またせっせと歩いて帰宅。
すぐに湯をわかしてパスタ麺をゆでて、その間に野菜やベーコンを切って炒めて、
茹であがったパスタをミックスして、塩コショウ、バジルをぱっぱと振って出来上がり。
がつがつ食べて、ふうーっと落ち着いて、時計を見たら9時。

お見事。

と何やら嬉しくなったとたんに、なんかこれって実験の続きみたい、と、
料理と仕事の共通点を再認識してしまって少し味気なくなりました。
いや、それなりにおいしかったんですけどね。

今日は辞書をラボに忘れてきてしまいました。
辞書無しではとてもじゃないですが怖くて英文は書けません。
それをいいことに今日は日本語オンリーで書きたいことをたんまりと。
(すでに長い)

-----------------------

2日前のトピックで東京大学工学部の論文データねつ造疑惑のニュースについて触れました。
今日もひとつニュースを取り上げたいと思います。同じ東京大学の話題ですが、こちらはいい話。
勉強したら脳細胞増える マウスですが…大人にも希望?
勉強すると脳細胞が増える仕組みの一端を、東大の久恒辰博・助教授(脳科学)と大学院生の戸塚祐介さんが実験で突き止めた。何かを覚える時に出ると知られている脳波の一種「シータ波」が脳の中の海馬という部分に伝わると、将来脳神経細胞に育つ前駆細胞が刺激され、最終的に脳細胞が増えることがわかった。15日付の米科学誌「ニューロン」に発表する。
へえー、α(あるふぁ)波はよく聞きますが、θ(シータ)波ねえ。
大人のみなさん、どんどん勉強して脳細胞を増やしましょう!
ま、実際には増えるよりも壊れるスピードが速いような気もするので…どうせ言うならば
どんどん勉強して脳細胞が少なくなるスピードを少しでも遅くしましょう!

さて、私がこれを「いい話」と言ったのは、シータ波うんぬんのことではありません。
では何に反応したかお分かりでしょうか。
もう一度、引用したニュースをよくご覧ください。
勉強すると脳細胞が増える仕組みの一端を、東大の久恒辰博・助教授(脳科学)と大学院生の戸塚祐介さんが

むむっ
東大の久恒辰博・助教授(脳科学)と大学院生の戸塚祐介さんが

むむむっ
大学院生の戸塚祐介さんが


ここです。
たいていサイエンス界におけるこういった新しい発見のニュースは
それが大学の研究室である場合、教授か助教授の名前しか出ません(私の知る限り)。
しかし実際に実験しているのは学生さんなのです。
この戸塚さんは大学院生とあります。
ということは大学院修士課程あるいは博士課程に在籍しているということで、
学士か修士です。少なくともまだドクターではないと思われます。

新規の発見をまるで自分だけの手柄のようにして話す偉そうな
教授、助教授が多い日本では珍しいことのように思います。
久恒助教授ができた人なのかもしれません。
あるいは取材して原稿を書いたマスコミがよく分かっていたのかもしれません。
いずれにせよ、名前が出たことによって戸塚さんのモチベーションは
いっそう高くなったと私は思います。

「日本では珍しい」と書いたのには理由があります。

ここイギリスに来て研究生活を始めて、
「ああ、日本と違う」と思ったことを書いてみます。

(長いな~、今日は)

大学内で小さめの学会が開かれたときのことです。
小さいといっても3日間朝から夕方まで演題はあるし、
著名な先生方が内外から来ていたので内容は非常に濃いものでした。
発表する先生はそれぞれ自分のラボのテーマを包括的に、
そして新しいデータを加えてスライドで説明するわけですが、
必ずといっていいほど、この実験データは誰によるものかというのがはっきり記されています。

データと一緒に名前だけでなく顔写真を貼り付けているスライドも珍しくありません。
ついでに言うと、ビール飲んでる写真だったり、ユーモラスに加工してあったり。
「この○○っていう学生は非常に優秀で…」とか、
「この△△っていうポスドクが熱心にやったおかげで…」など、ちゃんと言います。
一枚目のタイトルのスライドに写真を載せている場合もあります。
“これは全部ここに写っている部下たちがやった仕事なんだよ”と言ってるわけです。

私はこれを見てえらく感動してしまいました。
これはラボを統括する先生からの感謝でもあり、
学生あるいはポスドクの宣伝でもあるわけです。
次にまた違う研究室へ行くための。
モチベーションもあがろうってなもんです。
非常にいいスパイラルが生まれるのではないでしょうか。

日本の学会ではどうでしょう。
ありますよ、ちゃんと。協力者に対する謝辞のスライドは。
でも最後の一枚に、名前をつらつらーっと並べただけなのがほとんどです。

お国柄、で済ませてしまうのではなく、
いいところは真似していけばいいと思うんですけどね。
ばかやってる学生の写真と、すばらしいデータが並んでいるスライドって、
妙に説得力があって、聴衆をひきつける効果もあると思うんですけどね。
そしてちゃんと自分のデータに自分の名前(あるいは顔)を付けてくれたボスに対して、
部下は嬉しくなって、「よし、また頑張るぞ!」と奮起すると思います。

みなさんはどう思われますか?

-----------------------

d0031968_337046.jpg

River Thems, OXFORD
[PR]

by goodragon | 2005-09-15 17:06 | 科学なぜなぜ(Science)